インバウンド需要を取り込む為に知っておくべき免税制度~TAX FREEとDUTY FREEの違い~
昨今の訪日外国人観光(インバウンド)客の増加によって、数多くの企業がインバウンド需要の恩恵を受けています。ニュースなどでよく取り上げられておりますが、中国人客に爆買いされている、カメラや炊飯器や美容家電などを扱う家電量販店や、マスクや風邪薬や目薬などを扱うドラッグストア(薬局)などなど、さまざまな業種でインバウンド事業に成功している企業があります。
外国人が日本の商品を求める要因として、昨今の円安や日本製品のブランド化、高品質などが挙げられますが、「免税」で安く購入できるということも大きな要因です。
東京や大阪などの都心部では、既に多くの企業やお店が免税サービスを取り入れておりますが、地方ではまだまだ免税店を見かけることが少ないのが現状です。
ここでは、インバウンド事業をこれから始めようと考えている方向けに「免税店」についてと「TAX FREE」と「DUTY FREE」の違いに関してご紹介します。
免税サービスを取り入れることでインバウンド需要を取り込む準備をしましょう!
免税店とは…
外国人旅行者などの非居住者が、消費税を免除して買い物ができる店舗の事です。
免税店になるには、納税地を所轄する税務署への申請が必要です。
手続きの流れについては以下のページに記載があります。
国土交通省 観光庁HP
http://www.mlit.go.jp/kankocho/tax-free/howto.html
TAX FREEとは…
消費税が免除されること。
2016年現在では、8%の消費税が免除になります。
免税店には、一般消費税免税店という販売店を経営する者がその場で免税手続きを行う事業者と、手続き委託型消費税免税店という特定商業施設内に免税手続きカウンターを設置する集合型があります。
これは自前の免税カウンターを持っている免税店がある一方で、商店街や商業施設内にまとめて免税の処理ができるカウンターを設置して処理をしてもらう免税店があるということです。
手続委託型免税店は1店舗当たりの購入額が免税対象となる金額を超えていなくても、同一の商業施設内もしくは、商店街内全体で免税対象金額を超えていれば免税になります。
TAX FREEの対象者
免税対象者は外国人旅行者等の非居住者であり、6か月以上日本に在住する外国人は対象外です。
日本人であっても海外に駐在していて一時帰国したなど一定の条件を満たす方は非移住者として、日本に帰国時に免税店で一定額以上を購入するとTAX FREEで購入できます。
※その場合、パスポートの携行が必要です。
免税対象商品は
一般品と消耗品で免税対象金額が違います。
一般品とは以前から免税対象となっていた靴、かばん、時計、宝飾品、衣類、民税品などを差します。
一般品の免税購入額は同じ店舗で一回の合計購入額が10,001円以上(税抜金額)を購入した場合に免税処理されます。
※近いうちに合計購入額が5,001円以上と変更になる可能性がありますが、2016年3月現在は10,001円以上です。
消耗品は食料品、飲料品、化粧品、医薬品など一般品の対象品目以外でほぼすべての消耗品が対象となります。
消耗品の免税購入価格は同一店舗で一回の購入額が5,001円以上500,000円以下(税抜金額)となります。
消耗品は免税店で免税後指定の袋に入れられ、日本国内での消費はできません。
出国するまでに指定の袋を開封すると税関で消費税を徴収されます。
DUTY FREEとは…
DUTY FREEは外国製品を日本に輸入する際に課せられる税金(消費税や酒税、輸入品の関税など)を免除することです。
関税は日本国内で販売されている日本の商品の保護策と考えてください。
主に空港内や一部の繁華街にあります。
また、国際線航空機の機内販売も同じです。
DUTY FREEで購入した商品はその国で消費することはできません。
まとめ
整理するとTAX FREEは消費税の免税、DUTY FREEは日本に輸入する際に課せられる税金(消費税や酒税、輸入品の関税など)を免除することです。
いま観光庁が発表している免税店数はTAX FREEショップの店数のことです。
2015年10月統計で29,047店が全国にあります。
詳しくは下記のサイトでご確認ください。
国土交通省 観光庁HP
http://www.mlit.go.jp/kankocho/tax-free/about.html

昨今の訪日外国人(インバウンド)客の増加によって、数多くの企業がインバウンド需要の恩恵を受けています。

 

ニュースなどでよく取り上げられておりますが、中国人客に爆買いされている、カメラや炊飯器や美容家電などを扱う家電量販店や、マスクや風邪薬や目薬などを扱うドラッグストア(薬局)などなど、さまざまな業種でインバウンド事業に成功している企業があります。

 

外国人が日本の商品を求める要因として、昨今の円安や日本製品のブランド化、高品質などが挙げられますが、「免税」で安く購入できるということも大きな要因です。

 

東京や大阪などの都心部では、既に多くの企業やお店が免税サービスを取り入れておりますが、地方ではまだまだ免税店を見かけることが少ないのが現状です。

 

ここでは、インバウンド事業をこれから始めようと考えている方向けに「免税店」についてと「TAX FREE」と「DUTY FREE」の違いに関してご紹介します。

 

免税サービスを取り入れることでインバウンド需要を取り込む準備をしましょう!

 

 

免税店とは…

外国人旅行者などの非居住者が、消費税を免除して買い物ができる店舗の事です。

 

免税店になるには、納税地を所轄する税務署への申請が必要です。

 

手続きの流れについては以下のページに記載があります。

 

国土交通省 観光庁HP

http://www.mlit.go.jp/kankocho/tax-free/howto.html

 

 

TAX FREEとは

消費税が免除されること。

2016年現在では、8%の消費税が免除になります。

 

免税店には、一般消費税免税店という販売店を経営する者がその場で免税手続きを行う事業者と、手続き委託型消費税免税店という特定商業施設内に免税手続きカウンターを設置する集合型があります。

 

これは自前の免税カウンターを持っている免税店がある一方で、商店街や商業施設内にまとめて免税の処理ができるカウンターを設置して処理をしてもらう免税店があるということです。

 

手続委託型免税店は1店舗当たりの購入額が免税対象となる金額を超えていなくても、同一の商業施設内もしくは、商店街内全体で免税対象金額を超えていれば免税になります。

 

 

TAX FREEの対象者

免税対象者は外国人旅行者等の非居住者であり、6か月以上日本に在住する外国人は対象外です。

 

日本人であっても海外に駐在していて一時帰国したなど一定の条件を満たす方は非移住者として、日本に帰国時に免税店で一定額以上を購入するとTAX FREEで購入できます。

※その場合、パスポートの携行が必要です。

 

 

免税対象商品について

一般品と消耗品で免税対象金額が違います。

 

一般品とは以前から免税対象となっていた靴、かばん、時計、宝飾品、衣類、民税品などを差します。

 

一般品の免税購入額は同じ店舗で一回の合計購入額が10,001円以上(税抜金額)を購入した場合に免税処理されます。

※近いうちに合計購入額が5,001円以上と変更になる可能性がありますが、2016年3月現在は10,001円以上です。

 

 

消耗品は食料品、飲料品、化粧品、医薬品など一般品の対象品目以外でほぼすべての消耗品が対象となります。

 

消耗品の免税購入価格は同一店舗で一回の購入額が5,001円以上500,000円以下(税抜金額)となります。

 

消耗品は免税店で免税後指定の袋に入れられ、日本国内での消費はできません。出国するまでに指定の袋を開封すると税関で消費税を徴収されます。

 

 

DUTY FREEとは

外国製品を日本に輸入する際に課せられる税金(消費税や酒税、輸入品の関税など)を免除することです。

 

関税は日本国内で販売されている日本の商品の保護策と考えてください。

主に空港内や一部の繁華街にあります。また、国際線航空機の機内販売も同じです。

 

DUTY FREEで購入した商品はその国で消費することはできません。

 

 

まとめ

整理するとTAX FREEは消費税の免税、DUTY FREEは日本に輸入する際に課せられる税金(消費税や酒税、輸入品の関税など)を免除することです。

 

いま観光庁が発表している免税店数はTAX FREEショップの店数のことです。

2015年10月統計で29,047店が全国にあります。

 

 

詳しくは下記のサイトでご確認ください。

 

国土交通省 観光庁HP

http://www.mlit.go.jp/kankocho/tax-free/about.html

 

 

いかがでしたか?

 

TAX FFREEとDUTY FREEの違いについて理解できましたか?

 

インバウンド事業に取り組むのはまだまだ遅くはありません。

是非、免税サービスと、英語での接客サービスなどを取り入れ、インバウンド需要を享受しましょう!

2016.03.22 インバウンドブログ

 

インバウンド(訪日観光客)が1974万人に達した2015年、そして2020年に開催される東京オリンピックまでその数は伸び続けると予想されています。
当然ながら訪日外国人のお客様と接する機会の頻度も増すことでしょう。
コンビニやデパート、アパレル、ドラッグストアなどで働く接客業に携わる人なら、英語初心者の方でも最低限の接客英語フレーズを覚えておくことは決して損にはなりません
そこでここでは、販売のお仕事に携わる方へ現場で使える接客英語(英会話)フレーズをご紹介します。
訪日外国人観光客へのご挨拶
「いらっしゃいませ」は日本特有の言葉です。
外国人のお客様を迎える時には、
Hello, sir! 
(男性のお客様に対して)こんにちは、いらっしゃいませ。
Hello, ma'am!
(女性のお客様に対して)こんにちは、いらっしゃいませ。
もしくは、
How are you, sir!
How are you, ma'am!
もしくは、
Good morning, (afternoon, evening) sir! 
Good morning, (afternoon, evening) ma'am!
という言葉を掛けましょう。
自信がないからといって、隠れたり、無視したりは禁物!
笑顔で元気に挨拶することが最も大切です。
「Sir」や「Ma'am」を最後に付けることで、とても感じの良い丁寧な印象を与えることができます。
訪日外国人観光客の要望を聞く英会話
「何かを買いたい」、「どこかに行きたい」、「何かを探している」といったお客様の要望を聞き出したいときは、
How may I help you?
何かお伺い致しましょうか?
How may I assist you?
何かお手伝い致しましょうか?
Please let me know if you need anything.
何か必要でしたらお声掛け下さい。
I'm sorry, could you please repeat that again?
申し訳ありません。もう一度おっしゃっていただけますか?
訪れたお店に少しでも英語で接客できる店員がいると、外国人のお客様も安心してお買い物をすることができます。
笑顔で積極的に英語で声を掛けておくだけでも、外国人のお客様のお店に対する印象が良くなります。
お客様からの依頼に返答する英会話
訪日外国人観光客から何かを頼まれたり、尋ねられたりした時は、
One moment, please. 
少々お待ちください。
Certainly.
かしこまりました。
May I have your ~ please?
~をお伺いできますか?(名前・サイズ・パスポート提示など)
May I show you the way?
ご案内させていただきます。
同じ言葉を意味する言い方は他にも色々あります。
たとえ流暢でなくても、日本のおもてなしの精神をしっかり表現するためには上記のようなフレーズで接客業のプロらしく接客しましょう。
お客様をお見送りする際の英会話
お帰りの際に言いたい表現を紹介します。
日本とは少し異なりますよ。
Have a nice trip!
良いご旅行を!
Thank you so much.
ありがとうございます。
We look forward to seeing you again.
またお目にかかるのを楽しみにしております。
Good bye for now.
では、失礼いたします。(お見送りの時など)
日本の敬語ほどではありませんが、英語にもカジュアル、フォーマルの差が存在します。
接客業は特におもてなしの心を表現する場です。
お客様に気持ちが伝わる言い回しを覚えておきましょう。
ここに挙げているのは、ほんの一例ですが、訪日外国人客の方々に喜んでいただけると思います。
ホスピタリティーは言葉だけではありませんが、英会話のスキルアップも入念にしてインバウンド(訪日観光)客に日本での滞在を心地よく過ごしてもらいましょう。

インバウンド(訪日観光客)が1974万人に達した2015年、そして2020年に開催される東京オリンピックまでその数は伸び続けると予想されています。

 

当然ながら訪日外国人のお客様と接する機会の頻度も増すことでしょう。

コンビニやデパート、アパレル、ドラッグストア、100円ショップ、リサイクルショップなどで働く接客業に携わる人なら、英語初心者の方でも最低限の接客英語フレーズを覚えておくことは決して損にはなりません

 

そこでここでは、販売のお仕事に携わる方へ現場で使える接客英語(英会話)フレーズをご紹介します。

 

 

訪日外国人観光客へのご挨拶

「いらっしゃいませ」は日本特有の言葉です。

 

外国人のお客様を迎える時には、

Hello, sir! 

(男性のお客様に対して)こんにちは、いらっしゃいませ。

 

Hello, ma'am!

(女性のお客様に対して)こんにちは、いらっしゃいませ。

 

もしくは、

How are you, sir!

How are you, ma'am!

 

もしくは、

Good morning, (afternoon, evening) sir! 

Good morning, (afternoon, evening) ma'am!

 

という言葉を掛けましょう。

 

自信がないからといって、隠れたり、無視したりは禁物!

笑顔で元気に挨拶することが最も大切です。

 

「Sir」や「Ma'am」を最後に付けることで、とても感じの良い丁寧な印象を与えることができます。

 

 

訪日外国人観光客の要望を聞く英会話

「何かを買いたい」、「どこかに行きたい」、「何かを探している」といったお客様の要望を聞き出したいときは、

How may I help you?

何かお伺い致しましょうか?

 

How may I assist you?

何かお手伝い致しましょうか?

 

Please let me know if you need anything.

何か必要でしたらお声掛け下さい。

 

I'm sorry, could you please repeat that again?

申し訳ありません。もう一度おっしゃっていただけますか?

 

というフレーズが使えます。

 

訪れたお店に少しでも英語で接客できる店員がいると、外国人のお客様も安心してお買い物をすることができます。

 

笑顔で積極的に英語で声を掛けておくだけでも、外国人のお客様のお店に対する印象が良くなります。

 

 

お客様からの依頼に返答する英会話

訪日外国人観光客から何かを頼まれたり、尋ねられたりした時は、

One moment, please. 

少々お待ちください。

 

Certainly.

かしこまりました。

 

May I have your ~ please?

~をお伺いできますか?(名前・サイズ・パスポート提示など)

 

May I show you the way?

ご案内させていただきます。

 

というフレーズが使えます。

 

同じ言葉を意味する言い方は他にも色々あります。

たとえ流暢でなくても、日本のおもてなしの精神をしっかり表現するためには上記のようなフレーズで接客業のプロらしく接客しましょう。

 

 

お客様をお見送りする際の英会話

お帰りの際に言いたい表現を紹介します。

日本とは少し異なりますよ。

 

Have a nice trip!

良いご旅行を!

 

Thank you so much.

ありがとうございます。

 

We look forward to seeing you again.

またお目にかかるのを楽しみにしております。

 

Good bye for now.

では、失礼いたします。(お見送りの時など)

 

 

日本の敬語ほどではありませんが、英語にもカジュアル、フォーマルの差が存在します。

 

接客業は特におもてなしの心を表現する場です。

お客様に気持ちが伝わる言い回しを覚えておきましょう。

 

ここに挙げているのは、ほんの一例ですが、訪日外国人客の方々に喜んでいただけると思います。

 

ホスピタリティーは言葉だけではありませんが、英会話のスキルアップも入念にしてインバウンド(訪日観光)客に日本での滞在を心地よく過ごしてもらいましょう。

 

 

訪日観光客をゲットするには最低限の語学学習が必要です

インバウンド接客英語講座は、英語初心者の為の接客専門のオンライン英会話です。
以下のようなお悩みを抱えている方々に安心して受講していただける体制をとっております!
・忙しくてなかなか学習の時間が取れない → 好きな時間に好きな場所でレッスンが受けられます。

・英語は苦手だ → まずは英語に慣れることが上達への近道!フレンドリーな先生が楽しいレッスンを提供します。

・接客に必要な最低限の言葉だけ学びたい → 業種ごとの接客に必要なフレーズをまとめたテキストをご用意しています。

・英語で質問ができない → 日本語の話せる講師を多数採用。
   

インバウンド接客英語講座は、お客様のご希望の日時に好きな場所で、マンツーマンで接客に特化した英語をオンラインで学べます。
 
16回のレッスンが終われば、外国人への接客に抵抗がなくなります。
少しの努力で大きく可能性が広がってまいります。
 
日本人のカスタマーサポートや学習のアドバイス、復習用の音声ファイルなど受講いただきやすい仕組み、日本語が話せる講師を多数採用、など英会話初心者の方でも安心して始めていただけます。
 
まずは無料体験レッスンから受講してみませんか?
2016.03.21 便利なフレーズ集

 

外国の接客は日本に比べてぶっきらぼうであいそうがありません。日本の接客スタッフが普段から実行している「にこやかな挨拶」「丁寧な応対」「お客の都合優先主義」「お客の不満解決精神」「商品の両手でのお渡し」など接客の水準は世界一です。
日本の接客に自信を持とう
訪日外国人客がお店、施設に来てくれるようになっても、日本の接客に自信を持ってください。2013年1036万人、2014年1341万人、2015年1974万人、2016年は2500万人以上の予想と訪日外国人客は増加の一途です。特に東アジアからの買い物目的が訪日の理由のトップになっています。理由は円安、日本製品もありますが、一番は日本のサービス力とサービス精神だと思います。初来日で接客スタッフのレベルとサービスと思いやりの心にリピーターは感激しています。
日本の宝、接客
日本には自分たちが気づいていない宝が沢山あります。日本の商品や技術ばかりでなく、接客もその一つです。日本の小売店、飲食店、宿泊施設、交通機関での接客は世界一と言われています。ただ、残念なことに外国人に対しては、その接客を十分に生かせていません。語学力がないばかりに、外国人客との応対に非常に消極的になります。実は、この態度は外国人が「無視されている」と感じるもので、大変に残念です。日本のおもてなしはハイレベルです。あとは接客的に話しかけられるように会話力の向上のみ。
簡単会話のすすめ
英会話は難しいと感じている日本人は沢山います。しかし、英会話は会話のための道具であり、完ぺきな文法は必要ありません。お客様の要求に答えることが重要であり、そのための道具が語学です。単語だけでも十分に伝わりますが、日本人はシャイな性格のために気軽に簡単な外国語さえ話しません。話すことで上達するのに、最初の一言が出ません。そんな時は5つぐらいのフレーズをマル暗記して外国人が来たらそのフレーズでのみ対応をする習慣を付ければよいのです。私の知り合いも接客のために英会話を始めましたが、今では十分に会話が成立しています。文法無視、単語の羅列の英会話ですが、彼は今では一人で海外にも出かけていきます。文法無視の英会話でも、相手には通じればよいのです。
覚えて欲しい言葉
お客様に対する最初の言葉
Hello !  How are you.. こんにちは、いらっしゃいませ。
入店された訪日外国人客に対して、どう声をかけたらよいかわからず、黙ってしますことがあります。これは訪日外国人客から見れば、歓迎されてないと思われ不味い対応となります。その時は日本語で「いらっしゃいませ」と笑顔であいさつすることで訪日外国人客は歓迎されていると感じます。もしくは、 Hello !  How are you. と英語で声をかけてください。
日本語でも英語でもどちらでも良いですので、歓迎の意思をお伝えすることです。
外人客から話しかけられた時の言葉
Will you speak more slowly. 「もっとゆっくり話してください」
これで相手はこの人あまり英語が得意でないと理解しますから、簡単な英語でゆっくりと話してくれます。
あとは単語の羅列で会話をしても問題はなく通じます。このことからも英語など外国語は意思を伝えるための道具だと割り切り、いろいろ挑戦することです。言葉は失敗を繰り返しながら覚えていくものです。単語が解らないときは身振り手振りで接客すると、一生懸命だと感じて訪日外国人客の印象は良くなります

日本は世界一のおもてなしの国

海外旅行に行った経験のある方は感じたことがあると思いますが、外国のデパートやレストラン、スーパーマーケット、タクシーなどの接客サービス業に携わる人は日本に比べると、ぶっきらぼうで愛想がない人が多いです。

 

もちろん国や人によっても接客サービスのレベルに差がありますが、日本の接客サービスは他の国と比べても格段に上質です。

 

日本の接客スタッフが普段から実行している「にこやかな挨拶」「丁寧な言葉遣い」「お客様の都合優先主義」「お客様の不満解決精神」「商品の両手でのお渡し」など、その接客水準は世界一といえるでしょう。

 

 

インバウンドの動向と日本流のおもてなし接客

訪日外国人旅行客は、2013年に1036万人、2014年に1341万人、2015年に1974万人、2016年は3000万に達するとの予想と、増加の一途を辿っています。

 

観光庁の2015年度版「観光白書」によると訪日の目的の第1位は「日本食を食べること」で、第2位は「ショッピング」、第3位は「自然・景勝地観光」と続きます。

 

その中でも、タイ・中国・香港・台湾・シンガポールなどの東アジアからの訪日客の目的のトップはショッピング(買い物)です。

 

理由としては、昨今の円安による買い物のしやすさや、日本の製品が高品質である、日本ブランドを持つことがステータスとなる、ということなどが挙げられます。

 

また、初来日の訪日外国人旅行者がショッピングをする時に感動することは日本人の接客スタッフのきめ細やかなサービス力とサービス精神です。

 

日本の食事や、日本製の商品と並んで、日本人の接客スタッフのおもてなしの精神が行き届いた接客サービスは外国人旅行者を感動させ、また日本や、そのお店を訪れたいというリピーターとさせることが可能です。

 

 

外国のお客様には英語で接客していますか?

観光庁が実施した「外国人旅行者の日本の受入環境に対する不便・不満」のアンケートでは、不満の理由 第1位は「無料公衆無線LAN環境」で、第2位は「コミュニケーション」、第3位は「目的地までの公共交通の経路情報の入手」となっております。

 

注目すべきは不満の理由 第2位の「コミュニケーション(言葉)」です。

 

日本人の多くは「英語が分からない」や、「英語が合っているかどうか不安」という理由から、外国人に英語で話しかけることに抵抗を感じています。

 

日本の販売員・店員の多くが上記のような理由から外国人のお客様であっても無理矢理、日本語でそのまま接客するか、もしくは出来る限り外国人のお客様の対応は他の人に任せてしまうということが多いのではないでしょうか?

 

不満の第1位の「無線LAN環境の整備」や「公共交通機関の経路情報」などについては、国や自治体単位で解決すべき問題ですが、「コミュニケーション(言葉)」に関しては、お店ごと、企業ごとに対処することが可能です。

 

実際に、現在インバウンド事業に率先して取り組み、インバウンド需要を得ているお店・企業は「言葉(英語)」に関する教育をお店単位・会社単位で実施し、現場で実践していることが大きな要因となっています。

 

しかし、英語での接客にまだ対応していないお店・企業もこれから導入してもまったく遅くありません。

 

先に述べた通り、訪日外国人旅行者数は年々増加しており、2020年の東京オリンピックまでその勢いは衰えないと考えられております。

つまり、これから外国人のお客様への英語接客を取り入れることは今後の企業の売り上げを増加させる為に、非常に効果的です。

 

あなたが海外に行った時のことを思い出してください。

特にアジアのお土産屋さんやレストランで接客してくれる現地スタッフは完ぺきな英語や日本語を話していましたか?

 

誰もが商魂たくましく片言の英語や日本語で旅行者と一生懸命にコミュニケーションを取ろうとしていたと思います。

 

それと同じく、なかなか完璧な英語を習得するということは時間が掛かります。そうではなく、まずは接客に必要なフレーズ(お店で必ず使うであろう接客フレーズ)、お客様から聞かれるであろう質問に対する回答を覚え、外国人のお客様に笑顔で積極的に話しかけることが重要です。

 

英会話は難しいと感じている日本人は沢山います。しかし、英会話は会話のための道具であり、完ぺきな文法は必要ありません。お客様の要求に答えることが重要であり、そのための道具が語学です。

 

 

訪日観光客をゲットするには最低限の語学学習が必要です

インバウンド接客英語講座は、英語初心者の為の接客専門のオンライン英会話です。

 

以下のようなお悩みを抱えている方々に安心して受講していただける体制をとっております!

 

・忙しくてなかなか学習の時間が取れない → 好きな時間に好きな場所でレッスンが受けられます。

 

・英語は苦手だ → まずは英語に慣れることが上達への近道!フレンドリーな先生が楽しいレッスンを提供します。

 

・接客に必要な最低限の言葉だけ学びたい → 業種ごとの接客に必要なフレーズをまとめたテキストをご用意しています。

 

・英語で質問ができない → 日本語の話せる講師を多数採用。

 

インバウンド接客英語講座は、お客様のご希望の日時に好きな場所で、マンツーマンで接客に特化した英語をオンラインで学べます。

 

16回のレッスンが終われば、外国人への接客に抵抗がなくなります。

 

少しの努力で大きく可能性が広がってまいります。

 

日本人のカスタマーサポートや学習のアドバイス、復習用の音声ファイルなど受講いただきやすい仕組み、日本語が話せる講師を多数採用、など英会話初心者の方でも安心して始めていただけます。

 

 

まずは無料体験レッスンから受講してみませんか?

2016.03.21 インバウンドブログ

2016年の訪日外国人(インバウンド)客が3000万人に達するとも予想されている昨今、移動の手段としてタクシーを利用するという訪日外国人も必然的に多くなっております。

 

私たちも海外旅行でタクシーに乗って英語がまったく通じないタクシーに乗ってしまうと、かなり不安な気持ちになりますよね。

 

ここではタクシー運転手として働く方向けに訪日客が乗車した際の接客英語フレーズをご紹介します。

 

簡単な挨拶から、行き先の確認、お会計などを自然な英語でお迎えできたら素敵ですよね。

 

それではタクシーの運転手さんが今から使える基本から応用までのフレーズをご紹介します。

 

①訪日外国人が乗車~発車までに使えるフレーズ

Hello! How are you today?
こんにちは。いらっしゃいませ。

 

Please get in.

お乗りください。

 

Please fasten your seat belt.

シートベルトをお締めください。

Where  to?
行き先はどちらですか?

Do you have the address?
行き先の住所はお持ちですか?

 

Let me input the address into the car navigation system.
カーナビに住所を入力させてください。

 

 

②運転中にお客様に話しかけるフレーズ

Are you traveling now?

旅行中ですか?

 

Are you enjoying Japan?
日本でのご旅行楽しまれていますか?

Is this your first time to come to Japan?
日本は初めてですか?

How long are you staying?
どれくらいお泊まりなのですか?

Which hotel are you staying?
どちらにお泊りですか?

Where did you visit so far?
これまでにどちらを観光されましたか?

Where are you from?
どちらの国から来られたのですか?

 

What time do you need to be there?
何時までに到着しなければいけませんか?

There is a traffic jam and it will take about ○○ minutes to get there.
渋滞があり、到着まで○○分ほどかかりそうです。

 

Would you like to take the expressway?

高速道路を使いますか?

 

 

③お支払い~下車の時に使えるフレーズ

We can take both cash and credit card.
お支払いは現金でもクレジットカードでも大丈夫ですよ。


How would you like to pay? Cash or credit card?
現金それともカードでお支払いされますか?

Thank you and have a great day!
ご乗車ありがとうございました。良い1日を!


いかがでしたか?


訪日観光客のお客様に移動の時間も楽しい時間を過ごしていただけるよう、上記フレーズを覚えて接客をしてみましょう。

 

タクシー運転手の方が英語を話せるか否かでは、訪日客のお客様が持つ日本のタクシーへの印象も大きく変わってきます。

 

まだまだ英語接客対応のタクシー運転手は少ないので、他の運転手に差をつけましょう!

 

 

訪日観光客をゲットするには最低限の語学学習が必要です

インバウンド接客英語講座は、英語初心者の為の接客専門のオンライン英会話です。

 

以下のようなお悩みを抱えている方々に安心して受講していただける体制をとっております!

 

・忙しくてなかなか学習の時間が取れない → 好きな時間に好きな場所でレッスンが受けられます。

 

・英語は苦手だ → まずは英語に慣れることが上達への近道!フレンドリーな先生が楽しいレッスンを提供します。

 

・接客に必要な最低限の言葉だけ学びたい → 業種ごとの接客に必要なフレーズをまとめたテキストをご用意しています。

 

・英語で質問ができない → 日本語の話せる講師を多数採用。

 

インバウンド接客英語講座は、お客様のご希望の日時に好きな場所で、マンツーマンで接客に特化した英語をオンラインで学べます。

 

16回のレッスンが終われば、外国人への接客に抵抗がなくなります。

少しの努力で大きく可能性が広がってまいります。

 

日本人のカスタマーサポートや学習のアドバイス、復習用の音声ファイルなど受講いただきやすい仕組み、日本語が話せる講師を多数採用、など英会話初心者の方でも安心して始めていただけます。

 

まずは無料体験レッスンから受講してみませんか?

訪日観光客をゲットするには最低限の語学学習が必要です
インバウンド接客英語講座は、英語初心者の為の接客専門のオンライン英会話です。
以下のようなお悩みを抱えている方々に安心して受講していただける体制をとっております!
・忙しくてなかなか学習の時間が取れない → 好きな時間に好きな場所でレッスンが受けられます。
・英語は苦手だ → まずは英語に慣れることが上達への近道!フレンドリーな先生が楽しいレッスンを提供します。
・接客に必要な最低限の言葉だけ学びたい → 業種ごとの接客に必要なフレーズをまとめたテキストをご用意しています。
・英語で質問ができない → 日本語の話せる講師を多数採用。
インバウンド接客英語講座は、お客様のご希望の日時に好きな場所で、マンツーマンで接客に特化した英語をオンラインで学べます。
16回のレッスンが終われば、外国人への接客に抵抗がなくなります。
少しの努力で大きく可能性が広がってまいります。
日本人のカスタマーサポートや学習のアドバイス、復習用の音声ファイルなど受講いただきやすい仕組み、日本語が話せる講師を多数採用、など英会話初心者の方でも安心して始めていただけます。
まずは無料体験レッスンから受講してみませんか
2016.03.19 便利なフレーズ集

訪日観光客が急増する昨今、外国人観光客の楽しみは、観光はもちろんのこと、食事や美容やショッピングなども日本を訪れる大きな目的です。

 

ここでは、百貨店やデパートや路面店などのアパレルショップで働く店員さんが覚えておくと便利な接客英語フレーズをご紹介します。

 

海外では販売員がお客様に対して商品をおすすめするのは当然の行為です。

英語が話せないからと話しかけずにいると、外国人のお客様からは無視されていると感じられてしまいます。

 

訪日客からの売上げは無視できないほど大きくなってきています。

この機会に簡単な接客フレーズを覚えて外国人のお客様にショッピングを楽しんでもらいましょう。

 

それでは、アパレル販売員が現場で使える英語接客フレーズをご紹介します!

 

 

①来店~商品説明までに使えるフレーズ

Hello! How are you?

いらっしゃいませ。

Are you looking for something specific?

Are you looking for something in particular?
何かお探しのものはございますか?

How about this?
こちらはいかがですか?

We have 5 colors.

Which one do you like the most?
5色展開です。どの色が1番お好みですか?

 

This item is a limited edition.

こちらの商品は限定商品です。

 

You can buy this only in Japan.

こちらの商品は日本でしか購入できません。

 

 ②試着をすすめる時に使えるフレーズ

Which size would you like to try?

どのサイズを試着なさいますか?

Medium is just the right size for you.
Mサイズがお客様にはちょうど良いかと思います。

Would you like to try smaller (bigger) size?
ひとつ小さめ(大きめ)をご試着されますか?

Would you like to try different colors?
違う色もお試しになられますか?

Which one do you like better?

どちらの商品がお好みですか?

You look great!
It fits you really well!

とてもお似合いですよ!

Anything else?
何か他にご興味のある商品はございますか?

Take your time!
どうぞごゆっくり!

All set?
全てお決まりですか?

 

③お会計時に使えるフレーズ

Would you like to pay by cash or credit card?
現金それともカードでお支払いになりますか?

Please put your signature here.
こちらにサインをお願いします。

Please input your 4 digits PIN number here.
こちらに4桁の暗証番号を入力してください。

Here's your change.
お釣りです。

Thank you for shopping with us!
Have a great day!

お買いものありがとうございました!良い1日を!


いかがでしたか?

 

上記フレーズを覚えていただき、訪日外国人のお客様に「是非その商品を買いたい!」「ここで買わないと後で後悔するかも。」と思わせるような接客をしてみませんか?

 

インバウンド消費は年々高まっています。このチャンスを逃す手はありません。

 

あなたの英語接客で外国人のお客様に気持ちよくショッピングをしていただきましょう!

 

 

訪日観光客をゲットするには最低限の語学学習が必要です
インバウンド接客英語講座は、英語初心者の為の接客専門のオンライン英会話です。
以下のようなお悩みを抱えている方々に安心して受講していただける体制をとっております!
・忙しくてなかなか学習の時間が取れない → 好きな時間に好きな場所でレッスンが受けられます。
・英語は苦手だ → まずは英語に慣れることが上達への近道!フレンドリーな先生が楽しいレッスンを提供します。
・接客に必要な最低限の言葉だけ学びたい → 業種ごとの接客に必要なフレーズをまとめたテキストをご用意しています。
・英語で質問ができない → 日本語の話せる講師を多数採用。
インバウンド接客英語講座は、お客様のご希望の日時に好きな場所で、マンツーマンで接客に特化した英語をオンラインで学べます。
16回のレッスンが終われば、外国人への接客に抵抗がなくなります。
少しの努力で大きく可能性が広がってまいります。
日本人のカスタマーサポートや学習のアドバイス、復習用の音声ファイルなど受講いただきやすい仕組み、日本語が話せる講師を多数採用、など英会話初心者の方でも安心して始めていただけます。
まずは無料体験レッスンから受講してみませんか?

訪日観光客をゲットするには最低限の語学学習が必要です

インバウンド接客英語講座は、英語初心者の為の接客専門のオンライン英会話です。

 

以下のようなお悩みを抱えている方々に安心して受講していただける体制をとっております!

 

・忙しくてなかなか学習の時間が取れない → 好きな時間に好きな場所でレッスンが受けられます。

 

・英語は苦手だ → まずは英語に慣れることが上達への近道!フレンドリーな先生が楽しいレッスンを提供します。

 

・接客に必要な最低限の言葉だけ学びたい → 業種ごとの接客に必要なフレーズをまとめたテキストをご用意しています。

 

・英語で質問ができない → 日本語の話せる講師を多数採用。

 

インバウンド接客英語講座は、お客様のご希望の日時に好きな場所で、マンツーマンで接客に特化した英語をオンラインで学べます。

 

16回のレッスンが終われば、外国人への接客に抵抗がなくなります。

 

少しの努力で大きく可能性が広がってまいります。

 

日本人のカスタマーサポートや学習のアドバイス、復習用の音声ファイルなど受講いただきやすい仕組み、日本語が話せる講師を多数採用、など英会話初心者の方でも安心して始めていただけます。

 

まずは無料体験レッスンから受講してみませんか?

 

2016.03.18 便利なフレーズ集

Copyright (c) Gift Goods Inc. All Rights Resrved.