訪日観光客が2015年には1974万人に達し、2016年には3000万人との予測がされている昨今、特に東京・大阪・京都などの主要都市ではホテルを予約することも難しくなるほど、訪日客は増加しています。

 

現在では主要都市の周りの県などでもホテルの予約が困難になっており、今後は地方にも多くの訪日外国人が押し寄せることが予想できます。

 

旅行者が旅行で必ず行う行動は宿泊と食事です。

 

ここでは、ホテルや旅館、ペンション、ゲストハウスなど宿泊業で働く方向けに覚えておくと便利な接客英語フレーズをご紹介します。

 

訪日外国人旅行者の方々が日本の滞在を心から楽しみ、良い思い出を作り、次回もあなたの働くホテルに泊まりたいと思っていただけるよう、自然な接客英語フレーズを身に付けましょう!

それでは、ホテル・旅館などの宿泊業の現場で使える英語接客フレーズをご紹介します!

 

①チェックイン時に使えるフレーズ

May I have your name Sir / Madam?

お名前を頂戴できますか?

 

Do you have a reservation?

ご予約はされていますか?

 

May I see your passport, please?

パスポートを拝見させていただけますか?

 

Would you fill out the registration card?

Please fill in this registration form.

宿泊カードへご記入いただけますか?

 

Your room number is ○○○.

This is the room key.

お客様のお部屋は〇〇〇号室です。

こちらがルームキーです。


Please feel free to ask us for anything.
何かございましたらどうぞご遠慮なくお申し付けください。

 

②お客様が宿泊中に使えるフレーズ

Is everything alright with the room?
お部屋はいかがでいらっしゃいますか?

What is your plan today, Sir/Madam?
本日のご予定は?

I would recommend you to go ○○ if you have any spare time!
もしお時間に余裕があれば○○をお勧めしますよ!

Enjoy your day!
楽しい1日を!

 

Welcome back, Sir / Madam.
お帰りなさいませ。

How was your day?
今日はいかがでしたか?

 

③チェックアウト時に使えるフレーズ

Are you ready to check out?

チェックアウトでよろしいですか?

How was your stay?
ご宿泊いかがでしたか?

Are you going back to your country today?
今日お国にお帰りになられるのですか?

What time is your flight?
飛行機のお時間は何時ですか?

Please come back again!
是非またお越しください。

Thank you for staying with us.
ご滞在いただきありがとうございました。

 


いかがでしたか?

 

ホテルのフロントスタッフとのちょっとした会話で、そのホテルの印象がかなり変わってきます。

 

日本人が外国に行って、ホテルのフロントで英語が通じないと困るのと同様に、訪日外国人客も英語で接客ができるスタッフがいるホテルというだけで、安心感・信頼感がまったく変わってきます。

 

是非、上記のフレーズだけでも覚えて外国人のお客様に日本での滞在を楽しんでいただきましょう!

 

 

訪日観光客をゲットするには最低限の語学学習が必要です

インバウンド接客英語講座は、英語初心者の為の接客専門のオンライン英会話です。

 

以下のようなお悩みを抱えている方々に安心して受講していただける体制をとっております!

 

・忙しくてなかなか学習の時間が取れない → 好きな時間に好きな場所でレッスンが受けられます。

 

・英語は苦手だ → まずは英語に慣れることが上達への近道!フレンドリーな先生が楽しいレッスンを提供します。

 

・接客に必要な最低限の言葉だけ学びたい → 業種ごとの接客に必要なフレーズをまとめたテキストをご用意しています。

 

・英語で質問ができない → 日本語の話せる講師を多数採用。

 

インバウンド接客英語講座は、お客様のご希望の日時に好きな場所で、マンツーマンで接客に特化した英語をオンラインで学べます。

 

16回のレッスンが終われば、外国人への接客に抵抗がなくなります。

 

少しの努力で大きく可能性が広がってまいります。

 

日本人のカスタマーサポートや学習のアドバイス、復習用の音声ファイルなど受講いただきやすい仕組み、日本語が話せる講師を多数採用、など英会話初心者の方でも安心して始めていただけます。

 

まずは無料体験レッスンから受講してみませんか?

2016.03.18 便利なフレーズ集

 

訪日観光客に限らず旅行者の大きな楽しみの一つが食事です。
訪日客にとっては、料理の味はもちろんのこと、訪れた飲食店のスタッフの接客サービスはとても重要です。
ここでは、レストランやカフェ(喫茶店)、居酒屋、寿司屋、ラーメン屋、焼肉屋、バーなどの飲食店で働くウェイトレス・ウェイターの方々が覚えておくと便利な接客英語フレーズをご紹介します。
自然な英語で会話を弾ませ、より一層訪日客の思い出を楽しいものにしてあげましょう!
それでは、飲食店の現場で使える英語接客フレーズをご紹介します!
①訪日客が来店してから注文するまでに使うフレーズ
Hello! How are you.
こんにちは。いらっしゃいませ。
How many?
How many in your party?
何名様ですか?
I’m sorry. We’re full now. Would you mind waiting for a while?
申し訳ございません。現在満席ですので、少しお待ちいただけますか?
Would you like a smoking or non-smoking table?
喫煙席と喫煙席どちらがよろしいですか?
Here's the menu for you.
こちらがメニューです。
Do you have anything you cannot eat?
何か食べられない食材などはありますか?
Please let me know if you have any questions about menu.
メニューで何か分からないことがあれば、お聞きください。
I recommend this. It’s really good.
私はこの料理がおすすめです。美味しいですよ。
Are you ready to order? 
May I take your order?
ご注文はお決まりですか?
What would you like to drink?
お飲み物は何になさいますか?
②訪日客がお食事中に使えるフレーズ
How's everything?
Is everything alright?
お料理はいかがですか? (お口に合いますか?)
Would you like another drink?
お飲み物のおかわりはいかがですか?
Would you like (another) more bread?
パンのおかわりはいかがですか?
Excuse me, May I take your plate?
すいません、空いたお皿をお下げしてもよろしいですか?
Are you full already?
お腹いっぱいになりましたか?
Did you enjoy the food?
お食事はお楽しみにいただけましたか?
Would you like dessert (coffee)? 
How about dessert (coffee)?
デザート(コーヒー)はいかがですか?
④トラブル対処用に覚えておくべきフレーズ
The restroom is at the end of the corridor.
トイレはこの通路の突き当たりにございます。
Do you need a folk?
フォークをお持ち致しましょうか?
Please be careful with the plate. It’s hot.
お皿が熱くなっておりますので、気を付けてください。
④会計から退店までに使えるフレーズ
Your total will be 5,000 yen.
お会計は5,000円になります。
Would you like to pay together or separate?
お支払いはご一緒ですかそれとも別々にしますか?
Thank you. Have a good day.
Thank you. Have a good night.
ご来店いただき、ありがとうございました。
いかがでしたか?
外国ではウェイター・ウェイトレスとの会話を楽しむ人がとても多いです。
あなたのお店に訪れた訪日のお客様を上記の英語接客フレーズを使って是非おもてなししてください。
きっとお客様も良い気持ちになってお食事を楽しんでいただけるはずです!
訪日観光客をゲットするには最低限の語学学習が必要です
インバウンド接客英語講座は、英語初心者の方向けの接客に特化したオンライン英会話です。
以下のようなお悩みを抱えている方々に安心して受講していただける体制をとっております!
・忙しくてなかなか学習の時間が取れない → 好きな時間に好きな場所でレッスンが受けられます。
・英語は苦手だ → まずは英語に慣れることが上達への近道!フレンドリーな先生が楽しいレッスンを提供します。
・接客に必要な最低限の言葉だけ学びたい → 業種ごとの接客に必要なフレーズをまとめたテキストをご用意しています。
・英語で質問ができない → 日本語の話せる講師を多数採用。
インバウンド接客英語講座は、お客様のご希望の日時に好きな場所で、マンツーマンで接客に特化した英語を学ぶことのできるオンライン英会話です。
16回のレッスンが終われば、外国人への接客に抵抗がなくなります。
少しの努力で大きく可能性が広がってまいります。
日本人のカスタマーサポートや学習のアドバイス、復習用の音声ファイルなど受講いただきやすい仕組み、日本語が話せる講師を多数採用、など英会話初心者の方でも安心して始めていただけます。
 
まずは無料体験レッスンから受講してみませんか?

訪日観光客に限らず旅行者の大きな楽しみの一つが食事です。

 

訪日客にとっては、料理の味はもちろんのこと、訪れた飲食店のスタッフの接客サービスはとても重要です。

 

ここでは、レストランやカフェ(喫茶店)、居酒屋、寿司屋、ラーメン屋、焼肉屋、バーなどの飲食店で働くウェイトレス・ウェイターの方々が覚えておくと便利な接客英語フレーズをご紹介します。

 

自然な英語で会話を弾ませ、より一層訪日客の思い出を楽しいものにしてあげましょう!

 

それでは、飲食店の現場で使える英語接客フレーズをご紹介します!

 

 

①訪日客が来店してから注文するまでに使うフレーズ

Hello! How are you.

こんにちは。いらっしゃいませ。

 

How many?

How many in your party?

何名様ですか?

 

I’m sorry. We’re full now. Would you mind waiting for a while?

申し訳ございません。現在満席ですので、少しお待ちいただけますか?

 

Would you like a smoking or non-smoking table?

喫煙席と喫煙席どちらがよろしいですか?

 

Here's the menu for you.

こちらがメニューです。

 

Do you have anything you cannot eat?

何か食べられない食材などはありますか?

 

Please let me know if you have any questions about menu.

メニューで何か分からないことがあれば、お聞きください。

 

I recommend this. It’s really good.

私はこの料理がおすすめです。美味しいですよ。

 

Are you ready to order? 

May I take your order?

ご注文はお決まりですか?

 

What would you like to drink?

お飲み物は何になさいますか?

 

②訪日客がお食事中に使えるフレーズ

How's everything?

Is everything alright?

お料理はいかがですか? (お口に合いますか?)

 

Would you like another drink?

お飲み物のおかわりはいかがですか?

 

Would you like (another) more bread?

パンのおかわりはいかがですか?

 

Excuse me, May I take your plate?

すいません、空いたお皿をお下げしてもよろしいですか?

 

Did you enjoy the food?

お食事はお楽しみにいただけましたか?

 

Would you like dessert (coffee)? 

How about dessert (coffee)?

デザート(コーヒー)はいかがですか?

 

④トラブル対処用に覚えておくべきフレーズ

The restroom is at the end of the corridor.

トイレはこの通路の突き当たりにございます。

 

Do you need a fork?

フォークをお持ち致しましょうか?

 

Please be careful with the plate. It’s hot.

お皿が熱くなっておりますので、気を付けてください。

 

④会計から退店までに使えるフレーズ

Your total will be 5,000 yen.

お会計は5,000円になります。

 

Would you like to pay together or separate?

お支払いはご一緒ですかそれとも別々にしますか?

 

Thank you. Have a good day.

Thank you. Have a good night.

ご来店いただき、ありがとうございました。

 

 

いかがでしたか?

 

外国ではウェイター・ウェイトレスとの会話を楽しむ人がとても多いです。

 

あなたのお店に訪れた訪日のお客様を上記の英語接客フレーズを使って是非おもてなししてください。

 

きっとお客様も良い気持ちになってお食事を楽しんでいただけるはずです!

 

 

訪日観光客をゲットするには最低限の語学学習が必要です

インバウンド接客英語講座は、英語初心者の為の接客専門のオンライン英会話です。

 

以下のようなお悩みを抱えている方々に安心して受講していただける体制をとっております!

 

・忙しくてなかなか学習の時間が取れない → 好きな時間に好きな場所でレッスンが受けられます。

 

・英語は苦手だ → まずは英語に慣れることが上達への近道!フレンドリーな先生が楽しいレッスンを提供します。

 

・接客に必要な最低限の言葉だけ学びたい → 業種ごとの接客に必要なフレーズをまとめたテキストをご用意しています。

 

・英語で質問ができない → 日本語の話せる講師を多数採用。

 

インバウンド接客英語講座は、お客様のご希望の日時に好きな場所で、マンツーマンで接客に特化した英語をオンラインで学べます

 

16回のレッスンが終われば、外国人への接客に抵抗がなくなります。

 

少しの努力で大きく可能性が広がってまいります。

 

日本人のカスタマーサポートや学習のアドバイス、復習用の音声ファイルなど受講いただきやすい仕組み、日本語が話せる講師を多数採用、など英会話初心者の方でも安心して始めていただけます。

 

まずは無料体験レッスンから受講してみませんか?

 

2016.03.18 便利なフレーズ集

 

訪日観光客の外国人の方がよく来店されるというお店の販売員の方で、英語での接客の方法が分からない、どう話しかけたら良いか分からないという経験はありませんか?
ここでは、コンビニやドラッグストア(薬局)、スーパー、家電量販店、ホームセンター、リサイクルショップ、お土産物店などの小売業で販売員のお仕事をされている方が覚えておくと便利な英語の接客フレーズをご紹介したいと思います。
日本の接客サービスは世界的にとても高い評価を獲得しています。
訪日外国人のお客様を自然な英語で接客し、おもてなしの精神で日本の素晴らしさを訪日客に実感して、また来たいと思ってもらえるようにしましょう。
それでは、現場で使える接客フレーズをご紹介します!

訪日観光客の外国人の方がよく来店されるというお店の販売員の方で、英語での接客の方法が分からない、どう話しかけたら良いか分からないという経験はありませんか?

 

ここでは、コンビニやドラッグストア(薬局)、スーパー、家電量販店、ホームセンター、リサイクルショップ、お土産物店などの小売業で販売員のお仕事をされている方が覚えておくと便利な英語の接客フレーズをご紹介したいと思います。

 

日本の接客サービスは世界的にとても高い評価を獲得しています。

 

訪日外国人のお客様を自然な英語で接客し、おもてなしの精神で日本の素晴らしさを訪日客に実感して、また来たいと思ってもらえるようにしましょう。

 

それでは、現場で使える接客フレーズをご紹介します!

 

①訪日外国人客が来店した時に使うフレーズ

Hello, how are you?

いらっしゃいませ。

 

Are you looking for something in particular?

Are you looking for something in specific?

なにか決まったお探しのものはありますか?

 

Please let me know if you need anything.

何かございましたらお申し付けください。

 

 

②訪日外国人客に商品を勧める時に使うフレーズ

How about this?

こちらの商品はいかがですか?

 

This is our recommendation.

こちらの商品は当店のおすすめ商品ですよ。

 

This is very popular among young generation in Japan.

こちらの商品は日本の若い子達にとても人気ですよ。

 

 

③訪日外国人客の探している商品について質問する時に使うフレーズ

For whom are you looking for?

どなた用の商品をお探しですか?

 

How much is your budget?

ご予算はおいくらですか?

 

 

④トラブル対処用に覚えておくべきフレーズ

Let me check our stocks.

在庫を確認させてください。

 

We have only 5 left.

残りは5つだけになります。

 

This is the last one.

こちらが最後の商品になります。

 

We only have yellow left.

黄色しか残っていません。

 

Would you like me to check other stores?

他の店舗の確認いたしましょうか?

 

We are sorry they don’t make it anymore.

残念ながらこちらの商品はもう製造されていません。

 

How about this similar product?

こちらの類似品はいかがですか?

 

 

⑤会計時に使えるフレーズ

All set?

すべてお決まりですか?

 

Your total will be 10,000 yen.

お会計は10,000円になります。

 

How would you like to pay? 

Credit card or cash?

お支払いはカードもしくは現金、どちらになさいますか?

 

We only accept Visa or Master.

当店はVisaかMaster カードのみのお取り扱いとなります。

 

Here is your change.

お釣りです。

 

Would you want gift wrapping?

プレゼント用にラッピングしますか?

 

Please look around the store while I wrap this.

お包みする間、どうぞ店内をご覧になっていてください。

 

 

いかがでしたか?

 

ご紹介しましたフレーズを、外国人のお客様が多く来店されるお店の販売員さんに覚えてもらって、訪日客の方々へ日本の接客サービスの素晴らしさに感動してもらえたら嬉しいですね!

 

 

訪日観光客をゲットするには最低限の語学学習が必要です

インバウンド接客英語講座は、英語初心者の方向けの接客に特化したオンライン英会話です。

以下のようなお悩みを抱えている方々に安心して受講していただける体制をとっております!

 

・忙しくてなかなか学習の時間が取れない → 好きな時間に好きな場所でレッスンが受けられます。

 

・英語は苦手だ → まずは英語に慣れることが上達への近道!フレンドリーな先生が楽しいレッスンを提供します。

 

・接客に必要な最低限の言葉だけ学びたい → 業種ごとの接客に必要なフレーズをまとめたテキストをご用意しています。

 

・英語で質問ができない → 日本語の話せる講師を多数採用。

 

 

インバウンド接客英語講座は、お客様のご希望の日時に好きな場所で、マンツーマンで接客に特化した英語を学ぶことのできるオンライン英会話です。

16回のレッスンが終われば、外国人への接客に抵抗がなくなります。

少しの努力で大きく可能性が広がってまいります。

 

日本人のカスタマーサポートや学習のアドバイス、復習用の音声ファイルなど受講いただきやすい仕組み、日本語が話せる講師を多数採用、など英会話初心者の方でも安心して始めていただけます。

 

まずは無料体験レッスンから受講してみませんか?

2016.03.17 便利なフレーズ集

平成28年3月1日(火)に香川県の高松サンポートホールにて、株式会社ジャパンインバウンドソリューションズ代表取締役社長の中村好明氏をお招きし、インバウンドセミナーを開催いたしました。

 

IMG_1180.jpg

 

中村氏が代表を務める株式会社ジャパンインバウンドソリューションズは、小売業界大手のドン・キホーテのグループ会社です。


中村氏は2008年からドン・キホーテのインバウンドのプロジェクトマネージャーに抜擢され、インバウンドという言葉がまったく知られていない頃から、訪日観光客を呼び込む活動に従事されてきました。

 

中村氏は2008年から現在に至る8年間の様々な取り組みの結果、インバウンド売上400億円、外人客数1000万人を達成しました。 

 

現在、ドン・キホーテには訪日外国人の50%の人が訪れるそうです

 平成27年を例に取ると、1974万人の訪日客の内、1000万人近くがドン・キホーテで買い物を楽しんだようです。

 

 

IMG_1179.jpg

 

そのようなインバウンド業界の第一人者の講演ということで、香川県内はもちろん、四国の各県からも多数のインバウンドに関心を持たれている方々にご来場いただきました。

 

セミナーでは訪日外国人観光客の動向や、今後の展望、私たちが今後更なる訪日観光客をお迎えする為にしなければいけないことなど、地方が行うべき訪日観光客の誘致活動などの内容を詳しく講演いただきました。

 

インバウンドでの成功はまず立ち上がることです。

出来ることから実行する気持ちを持っていればまだまだ参入者は少ないので効果は高いと思います。

 

 

ンバンド接客英語講座でできること

インバウンド接客英語講座は、訪日外国人客を接客する販売員の方、店員の方の為の接客専門のオンライン英会話スクールです。

 

ホテル・レストラン・カフェ・飲食店・販売店・ドラッグストアなどなど、業種ごとに特化した接客英会話を学ぶことができます。

 

・外国のお客様がよく来店するようになったけど、どう接客していいか分からない。

・英語で質問されたけど、何と言っているかまったく聞き取れない。

・注文時や、お会計時にどのように接客していいか分からない。

などのお悩みのあなたに、日本語が話せる英語ネイティブの先生がマンツーマンレッスンを提供します。

 

現在、オープンキャンペーンにつき、無料体験レッスンを2回受講可能です。

 

この機会に是非お試しください!

2016.03.09 セミナー情報

インバウンドを地方で成功するために必要なものは地域や仲間との連携です。

地域や仲間と連携してプロモーションをしないと訪日外国人客は呼べません。食べ物が良く、風景が良く、ホテルが良く、沢山の観光資源があり産業があると訪日外国人客は集まります。

 

訪日客は食事も楽しみたい、買い物もしたい、観光もしたいから来ているわけで、あなたの店で買い物をする為だけに来ているわけではありません。

地方に訪日客を呼び込むには、訪日観光客があなたの住む地域を訪れたいと思うような地域全体での取り組みが必要不可欠です。

 

そのために、インバウンドで成功する為の第一歩は仲間づくりです。

仲間が集まればアイデアが生まれ、特徴ある食事、おもてなし、商品などの開発が出来ます。これを作ってからスタートするのがの成功の秘訣です。

 

 

団体旅行からFIT(個人旅行)へ移行

いま、インバウンドはFIT(個人旅行)に中国人も含め変わってきています。ツアーや団体旅行が多いように見えますが、ツアーや団体旅行は入国者全体の比率が下がっています。

 

入国者数が増加しているから以前と変わらず団体旅行数があるわけであって、実際はFIT(個人旅行)の増加がそれ以上に伸びています。

FITは1人から10人でもFIT(個人旅行)です。旅行会社のパッケージツアーではない旅行をしている人を総称してFIT(個人旅行者)と呼びます。

 

 

拡大が続くインバウンド

インバウンド客数は訪日観光、就学、就労、移民、ビジネスのすべてに関わる方の総数です。

 

訪日客数は東京オリンピックの開かれる2020年には4000万人に達する可能性があります。

 

訪日客の推移は2013年は1000万人、2014年は1341万人、2015年は1974万人となっており、2016年は2500万人~3000万人と予想されています。

 

国内の個人消費は人口減で減少が続いていましたが、インバウンドは2桁増を毎年達成しています。この魅力ある市場に人口減が激しい地方が参入しない手はありません。

 

 

若者が動けば

宮崎県日南市の油津商店街をチェックしてみてください。

この町は1ヶ月に2回程度の頻度で2,000人~4,000人が乗船する大型クルーズ船が寄港しています。

 

油津商店街にも多くの外国人客が訪れて、まち全体が一体となっておもてなしを展開しています。

 

その中心は若者の連携とパワーだと感じます。クルーズ船が寄港する仕掛けを行政とともに若者が作り、地域全体を巻き込んだ訪日客誘致の結果だと思います。

 

 

求めるものは

インバウンドは日本全体をテーマにするメイドインジャパン的な考えが必要です。

 

全訪日客の7.6%の150万人(平成27年)が訪れる沖縄県であることが実証されました。

 

沖縄県では初めのうちは訪日客に対して沖縄の特産品である「琉球びんがた」、「琉球ガラス」、「珊瑚・貝細工」などを中心にPRしましたが、訪日観光客にはあまり売れませんでした。その後、試行錯誤の末、日本全国で売れている商品を集めて提案してから150万人(平成27年)の集客に成功したそうです。

 

訪日外国人客は日本製の商品が欲しいのであって、地方の特産品よりも全国区の日本の商品を求めている証明になりました。

 

日本人客は沖縄らしいものを求め、外国人客は日本の有名商品を求めるわけで差別化が必要になります。自店の店をどちらの客層に合わせるかも選択の余地があります。

2016.03.09 インバウンドブログ

Copyright (c) Gift Goods Inc. All Rights Resrved.